小鳥雑貨店

birdofclay.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お気に入り( 52 )

声を掛けられるよ。



c0173697_12552721.gif


また更新が、少しあいてしまいました。
その間にも 遊びに来ていただいて 有難うございます。

少し前になりますが、toRi-toriさんに お願いして
玄関の棚を作って頂きました。

もちろん、そこにはラブがいます。
出掛ける時も、帰宅した時も、必ず声をかけます。
「ラブ、行ってくるからね。」
「キ~!」
「ラブ、帰りました。」
「キ~!」
今でも、しっかり聞こえてきます。

思っていた感じに仕上げてくださって
toRi-toriさんには感謝しています。
お忙しい中、オーダーを受けてくださり有難うございました。

c0173697_1173894.jpg


   鍵も 掛けられるよ。






















[PR]
by birdofclay | 2010-12-06 00:56 | お気に入り

映画鑑賞。

最近観た 心に響いた映画。

たまたまつけた スカパーでやっていた『エレファントマン』1980年作の映画。

そして 今公開中の話題の映画 『悪人』。

どちらも、意味深なラストで とても考えさせられる作品です。

全く違う内容の様でありながらも、ある部分リンクするところがあると 私は思うのです。

どちらの映画も 人間の中にある 善と 悪の部分を 
観ているこちら側にも突きつけられている様な気がしました。

そして、どちらの映画も 人間は誰かに理解してもらい認めてもらいたいと思って・・・いや、
『悪人』の言葉を借りるなら、ただ出逢いたい と 願って生きている。
その為には 誰かの事も 理解し 認め 大切に思わなければいけないと
痛感させられました。

映画『悪人』は、被害者の父親の言葉が 大変印象的でした。
主人公の行き場の無い悲しみから生まれる、究極の愛情や優しさに
やりきれない思いで一杯になりました。
こちらは、公開中なのであまり書くとネタばれしてしまうので、この辺で。

『エレファントマン』の方は 初めて観たのは子供の頃で、
その当時の感想は ただただ可哀想なだけでした。
しかし、年齢を重ねた今は少し違います。
場面1つ1つが、感慨深く 意味ありげに思えて、
死するとも 人間であろうとする、ジョン・メリックの在りかたに
人間の尊厳とは・・・と考えさせられます。

モノクロの映像、音楽の美しさにも 惹かれました。
撮り方も凝っていて、最初っから最後まで 
完全にデヴィッド・リンチ監督の思惑にハマってしまいました。

子供の頃観た映画を もう一度 観直してみるのもいいですね。


c0173697_0392816.jpg


『エレファントマン』より。

[PR]
by birdofclay | 2010-09-19 00:40 | お気に入り

好きな事。

c0173697_0315084.jpg


子供の頃から、ガラスケースの真上から その中を覗き込むのが好きです。
下まで透けて その間の物が重なったりして 
本来の形とは 違った感じに見えるのが好きなんです。

なんだか 万華鏡を覗いているような感じと 似ているような気がします。

あと、三面鏡を合わせ鏡にして 何枚も重なった状態で見るのも好きです。
なぜか、合わせ鏡って 不吉っていいますよね。
でも、子供の頃から 母親の鏡台を そうやって覗き込んでは 
ずっと奥にある世界に 引き込まれるのが好きなんです。


c0173697_0574978.jpg

[PR]
by birdofclay | 2010-08-19 00:55 | お気に入り

念願の硝子棚。

c0173697_19213394.jpg


念願の 硝子棚を 遂に我がアトリエへ 迎える事が出来ました。

ずっと 欲しくて 欲しくて 探し求めていました。

素敵な物は 何点か見つけていたのですが、
大きさと価格が なかなかクリアー出来ずにいました。
しかし、迷いに迷った結果『ABSENTE』さんで 天板と棚板(中板)の無い 小ぶりな棚を購入。
イタリア製の素敵な脚がついています。

しかし、買ったものの 天板と棚板を 硝子屋さんで別購入しないといけないので
ちゃんとした物になるのか 少し不安でした。

なので お願いしたのは父の知り合いの硝子屋さん。

このような棚を 持ち込む人は初めてらしく 不思議そうにしておられました。
お店の方が 一番に目にしたのは 棚板を受ける留具が 硝子というところ。
私自身は これが気に入って 購入を決めたのですが・・・。

「こりゃあ、硝子じゃが。危ねえ。」とお店のオジサン。(以下 オ と表示)

「いや、これが気に入って購入したんです。
これはとても珍しく 価値のあるものなんですよ。」と 私。

オ「いや、こりゃあ、おえん!ちょっと 両面テープ持ってきてくれ~。」と 息子さんに指示。

私「いや、いや、これ持ち運びするので 硝子(棚板)が外れる方がいいので、
固定しないでください!」と 両面テープを 必死に拒否!

オジサン と 息子さん そんなことは聞こえないと両面テープを 探し続ける。

オ「ゴムのクッションの付いたのがあろうが!」

私「え~っ!ゴ~ム~!!!」泣

息子「無いわ。今 きらしとるわ。」

よかった~。きれてて ほんとうによかった~。涙(私 心の声)

オ「ほんでも こりゃあ おえん!ボンドを付けて固定する!」

えっ!ボンドーーーーー!号泣(私 心の叫び)

私「あの、これには 重たい物は載せないし、取り外すし、あわわわわ!!!」と 必死の抵抗!

これには 息子さんが 気付いてくれたみたいで、

息子「親父、もうええが。取り外す 言ようてなんじゃから。」と オジサンを説得。

なんとか 難を逃れました。

しかし、オジサンは最後まで
「家に帰ったら ボンドで 固定するんで!分かったな!」と 
聞き分けの無い私に何度も言っておられました。

流石、職人!見てくれ重視は 通用しないのです!

そんな やりとりはあったものの、思っていた通りの
素敵な仕上がりとなりました。
有難う~~~~~~。硝子屋さん~~~~。

ウチに帰って 愛情たっぷりに磨いて
蘇った棚を 眺めていて ふと、思いました。

こうして復元された この棚は 
私が居なくなっても また誰かのもとで大切に使われて
その人が 居なくなっても また誰かに必要とされて 存在し続けるのだな・・・と。

その流れの中に 微力ながらも私の手で復元されたという 
この事実も存在するのだなと思ったら 
なんだか嬉しくなって 一人でほくそ笑んでしまいました。 


底の部分の 鈍いブルーも お気に入り。

[PR]
by birdofclay | 2010-08-17 19:54 | お気に入り

リアリティー。

c0173697_2421167.jpg


この本の中の 古いお家に 釘付けです。
リアルな生活感と 丁寧な暮らしぶりに 惹かれます。

[PR]
by birdofclay | 2010-08-13 02:53 | お気に入り

古いシャンデリア。

c0173697_16382718.jpg


c0173697_16393741.jpg















古い シャンデリアから 生まれた
小さな 照明です。

部屋の構造上 ココにしか付けられないので 
カーテンと一体化して 分かりづらいですが・・・涙

硝子と 錆びた真鍮の傘の色が とても好きです。





[PR]
by birdofclay | 2010-08-10 16:37 | お気に入り

夢の2ショット

c0173697_23402148.jpg


才能あふれる 素敵な彼女から、
沢山の刺激を 貰っています。

いつも 変わらない 謙虚な姿と 
屈託の無い 笑顔に
どれだけ 癒されている事でしょう。

そんな まだ若い彼女に 
私が 子供の頃からずっとみたくて 探していた世界を
形にして みせてもらっているような気がします。



c0173697_234213.gif


art gallery Absente

そして、夢の2ショット。
(この頃のラブは、まだ元気だったな・・・。)


c0173697_025573.jpg

[PR]
by birdofclay | 2010-07-17 23:39 | お気に入り

プレーリーの可愛い動画。

プレーリードックのなんともかわいい動画を見つけました。→
suzunejpさんのプレ動画シリーズどれもめちゃくちゃかわいかったです。
お掃除ロボットに乗るプレ最高!

よかったら見てくださいね。
癒されますよ。

[PR]
by birdofclay | 2010-03-19 00:28 | お気に入り

トレーニング。


c0173697_10453579.jpg

画像はいつものイメージトレーニング。




お気に入りの リングです。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

DVD『インスタント沼』 観ました。
キュートで 最高に面白くて 元気になれますよ。
お洒落なファッションも必見です。

この世界観いい~~~!
お洋服も、めっちゃくちゃツボ!

よ~し!イメージが湧いてきたぞ~~~!!!

頑張れ!わたし!(毎回すみません。笑)

[PR]
by birdofclay | 2010-02-17 00:20 | お気に入り

今度は愛妻家

イベントが終わってからも、
バタバタと忙しい日々が続いています。

そんな中、ずっと気になっていた映画に
主人からの誘いで行って来ました。

『今度は愛妻家』
c0173697_3384848.jpg



もう 号泣でした。

でも 思いっきり笑えるシーンも 沢山あります。

夫婦で こんなに感動したのは 久しぶりです。

是非とも 大切な人と 観る事をお薦めします。






もう行けないかもと諦めていたのに
無理に誘ってくれた主人に感謝です。

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


コメント有難うございます。
返事が随分遅くなってしまい すみません。
改めて、お返事します。

[PR]
by birdofclay | 2010-01-31 01:32 | お気に入り
line

bird of clayの活動と大切なもの


by bird
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31