小鳥雑貨店

birdofclay.exblog.jp ブログトップ

駄菓子やさん。


c0173697_1123897.jpg


昨日、久しぶりに 夢やを覘いたら
ゆずサイダーなるものを みつけました。

ゆず好きとしてはこれは買っておかないと。
ついでに 子供の頃大好きだった
ボンタンアメと 都こんぶも買ってみました。
都こんぶは 梅酢味を。
これも初めてです。

ゆずサイダー ちゃんとゆずの香りがしました。


幼い頃、近所の駄菓子屋さんへ
100円だけ持って、友達とよく行きました。
100円でも 結構買えるんですよね。
アイドルのカードや、5円チョコ
グッピーラムネ、モロッコヨーグル
よっちゃんいか ジュースの粉がまぶしてある飴 などなど。
親の目を盗んで 行ってました。
当時、合成着色料とかを嫌って 親は私がこういうのを
食べる事を 許しませんでした。
昔は、今では考えられないような色に
食べた後 舌の色が変わるものもありましたものね。

袋なんかも 店のおばちゃんの手作りで
チラシを折って作った袋でした。

おばちゃんに みんなでお金を預けて
「まだ 買える?もう駄目?」とか聞きながら、
買ってましたっけ。

おばちゃんは 信用のおける人だったので
ちゃんと子供たちのお金を計算してくれていました。

しかし、これが店番がおじちゃんになると 大変でした。
おじちゃん、かなりボーっとしている感じの方で
TVなんかのコントに出てくるような
絵に描いたような ボ〇じいさん。
なけなしの100円を預けるのには
かなり危険な人物でした。

耳も遠いので話も通じない そしてマイペース。
計算のままならない幼児でも
普段よりはるかに損をしているのは一目瞭然でした。

講義しても 耳が遠いので通じないのです。
いつも 泣き寝入りでした。笑
だから、外から覗いて おじちゃんだったら
「今日は おえん日じゃ。」と
あきらめて 帰ってましたっけ。
周りの 男の子達に聞いても 同じ事を言っていたので
みんな そうだったみたい。
ボーっと しているわりには
こちらが得をするようには 間違えない!
おじちゃん恐るべしです。




でも、今となっては とっても懐かしい思い出です。
あの頃へ 戻りたい。


c0173697_1125864.jpg
c0173697_1131388.jpg







[PR]
by birdofclay | 2011-05-23 17:36 | あの頃
line

bird of clayの活動と大切なもの


by bird
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30